QSC

Q-SYS Core

Core 510i

Core 510i
  • 概要
  • 特長
  • 仕様
  • ダウンロード
  • 関連製品
  • FAQ
  • ムービー
  • 概要
    QSCが従来シグナルプロセッサーの概念を捨てて、一から考えられたものが「Q-SYS」です。Q-SYSの設計コンセプトは「シンプル」、「パワフル」、「ITフレンドリー」、がベースとなった集中型シグナルプロセッサーです。Q-SYSは最大512入力/2048出力に対応する非常にパワフルなプロセッサーです。しかし、中身はシンプルな作りでユーザーが簡単に大規模なシステムを構築することが可能です。Q-SYSは今までのDSPの概念を打ち破り、どんなシステムにも柔軟に対応し、システムプランニングの幅を広げてくれるでしょう。

    Q-SYS™ Core510iプロセッサーは、インテルCPUおよびQSCが開発した専用のLinux™リアルタイムオペレーティングシステム使用したオーディオ、ビデオ、および制御処理システムです。Q-SYS Core510iプロセッサーは、Q-SYSプラットフォームの中で最も柔軟なオーディオI / Oであり、多様なアナログ、デジタル、ネットワークオーディオ接続が必要なアプリケーションに最適です。最大8枚までのI / Oカードが搭載可能なオンボードI / Oカードスロットを備え、さまざまな接続オプションを任意の組み合わせで実装することができます。

    商品名称 DSP - I/Oカード8枚、256 x 256ネットワークオーディオ、64チャンネルAEC
    品番 Core 510i
    価格 オープンプライス
  • 特長
    ・Q-SYSプラットフォーム:標準のコンピュータハードウェアとITネットワークプロトコルを使用して構築された、オーディオ、ビデオ、およびコントロール専用のLinux ™リアルタイムOS
    ・Q-SYS I/Oカードを8枚装着可能
    ・さまざまなI / Oオプション:専用のQ-SYS I / Oカードを搭載することによりDante™、CobraNet™、AVBなどのさまざまブリッジネットワークを使用可能に
    ・外部デバイス制御: TCP / IP、RS232、GPIOを使用することで外部デバイスとの制御が可能
    ・Q-SYSネットワーク周辺機器:QSCにはアンプ、タッチスクリーンコントローラー、ページングステーション、I / Oユニット、Q-SYSネットワークカメラなどさまざまな周辺機器をラインナップ
    ・統一されたソフトウェアプラットフォーム:インテグレーターは、大小規模のプロジェクトに応じて複数のソフトウェアプラットフォームを学習する必要がなく、Q-SYS Designerソフトウェアのみですべてを構築可能
    ・内臓音源(WAV.mp3,flac)をデフォルトで16ch同時再生。オプションによりアップグレード可能
  • 仕様
    Q-LANオプション
    I/O-8 Flex、I/O-USB Bridge、PTZ-IPカメラシリーズ、I/O Frame、I/O-Frame 8s、I/O-22、I/O-11シリーズ、ページングステーションシリーズ、TSCタッチスクリーンシリーズ
    ソフトウェア
    Q-Sys Designer 6.x.x
    ネットワークオーディオ
    256×256チャンネル
    I / Oカード
    最大8枚

    下記オプションより選択可能:
    COL4:アナログライン出力カード(4チャンネル)
    CODP4:DataPort出力カード(4チャネル)
    CIML4:マイク/ライン入力カード(4チャンネル)
    CIML4-HP:高性能マイク/ライン入力カード(4チャンネル)
    CAES4:AES-3デジタル入力/出力カード(4x4チャンネル)
    CIAES16:AES3デジタル入力カード(16チャンネル)
    CCN32:CobraNetネットワークブリッジカード(最大32x32チャンネル)
    CAN32:AVBネットワークブリッジカード(最大32チャネル)
    CDN64:Dante™ Audio Bridgeカード(最大64x64チャンネル)
    AEC
    64チャンネル / 200msテールレングス(Q-SYS Coreモード時のみ)
    マルチトラックプレーヤー
    デフォルトチャンネル:16トラック

    オプションによりアップグレード可能:
    MTP-32:32トラック
    MTP-64:64トラック
    MTP-128:128トラック
    メディアドライブ
    デフォルトドライブ:6 GB

    オプションによりアップグレード可能:
    MD-S-M2:128GB
    MD-M-M2:256GB
    MD-L-M2:512G​​B
    フロントパネルコントロール
    "NEXT" OLEDページフォワードタッチボタン
    "ID"デバイス識別タッチボタン
    フロントパネルコネクター
    AUX USB:USBホストx2(タイプAコネクター)
    リアパネルコネクター
    RS232:
    ビデオ出力:
    AUX USB:
    AUXネットワーク:
    GPIO:
    メディアネットワークLAN A:
    メディアネットワークLAN B:
    電源:
    オス9ピンDシェルコネクター(DE-9)
    HDMI
    USBホストx4(タイプAコネクター)
    RJ45 10/100/1000 Mbps
    メス15ピンDシェルコネクターx2(DA-15)
    RJ45 1000 Mbps(QLAN、AES67、VoIP、WANなど)
    RJ45 1000 Mbps(QLAN、AES67、VoIP、WANなど)
    IECコネクター
    電源
    100VAC〜240VAC、50〜60Hz
    消費電力
    3.7A Max @ 100 VAC
    ※実際の消費電力は、I / Oカードやメディアドライブ、DSP負荷、ネットワーク負荷などによって異なります
    動作温度範囲
    0 ℃ 〜50 ℃
    BTU /時
    600(一般的な負荷で換算)
    湿気
    最大85%RH
    寸法
    H × W × D 89 x 483 x 381 (mm) / 2RU
    付属品
    電源ケーブル、インストールマニュアル
  • ダウンロード
    仕様書
  • 関連製品
    • CIML4
    • CIML4-HP
    • COL4
    • CODP4
    • CAES4
    • CCN32
    • CDN64
  • FAQ
  • ムービー

トップへ