ピックアップ

MACKIE DL1608

ipadと共に使用出来るデジタルライブミキサー「DL1608」発売

DL1608はポータブルさ、使い易さをミキサーに融合させた、これまでのライブミキシングスタイルに革命を起こしました。
評判の高い16ch Onyxマイクプリアンプ,24bit Cirrus Logic® AD/DAコンバーターを搭載し、余裕のあるヘッドルームと歪のない、低ノイズサウンドを実現し、原音への忠実性、透明感のある音を提供いたします。入力には12chのキャノンタイプと4chのMic/Lineコンボ入力コネクターを搭載し、マイクでも楽器でもスピーディーに接続可能です。

DL1608専用アプリ「Mackie Master Fader」は画期的なDAWミキシングと機能性をライブミキシングに融合しました。
フィンガータッチで、4バンドEQ、コンプ、ゲートのプラグインを制御できます。さらに、フル機能のリバーブやタッピングディレイで魅力的なサウンドを作り出したり、メインLR出力と6系統のAUX出力にすべて31バンド・グラフィックEQとコンプ/リミッターをかけることができ、ルームミックスを的確に調整することもできます。プリセットを組む事も出来るので、必要な瞬間にいつでも読み出す事も可能です。

iPadを使用しているためライブハウスのどこにいてもワイヤレスでリアルタイムにミキシング操作が可能です。他に、iPadのカメラで撮ったバンドメンバーの写真をアプリの各チャンネルに貼り付けて、各チャンネルをビジュアルで認識するといった事も可能です。もちろん、ギターやピアノ、ドラムやスピーカーなどのイメージアイコンも用意されています。さらに、開演前にBGMやSEが必要な場面でも、ライブミックスにバックトラックを合わせる場合でもMackie DL1608なら、iPadのアプリからステレオで音声を再生することが可能です。何よりも、DL1608にはiPad再生チャンネル搭載しているので、16chのいずれかのチャンネルを使用することなく、この機能を堪能できます。

DL1608は同時に10台のiPadをサポートするので複数のエンジニアのミックスを可能にします。さらに、バンドメンバーによる自分自身のモニター調整をも可能にします。会場がリードギターの演奏に熱中している中、他のバンドのメンバーは好き勝手に自分のモニターミックスを好きなようにアレンジできます。

※iPadはApple Inc.米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

ipad用にデザインされたMagic Master Faderアプリによる各コントロール画面

製品詳細

ProFX22

DL1608

オープンプライス

・寸法:291W × 95H × 391Dmm
・重量:3.1kg
・入力:16chマイクプリアンプ 12ch XLR + 4ch Mic/Lineコンポ入力コネクター
・出力:8ch
・入力チャンネル
4バンドEQ(シェルビング/ピーキング/ハイパスフィルター)
Comp(ソフトニー/ハードニー)/ノイズゲート
リバーブ9種類/ディレイ5種類
・出力チャンネル
31バンドグラフィックEQ/Comp(ソフトニー/ハードニー)
・Cirrus Logic AD/DAコンバーター
・24bit/48kHz
DL1608Bag(DL1608専用バック)¥11,550(税別¥11,000)
DL1608Cover(DL1608専用ダストカバー)¥3,360(税別¥3,200)
DL1608Rackmount Kit(DL1608専用ラックマウントキット)¥10,500(税別¥10,000)

Webリソース

MACKIEのHPではDL1608の詳細情報をはじめ、トリッキーなビデオ等も随時公開されています。
iTunesでDL1608 Podcastに登録して最新のビデオをゲットしましょう。

MACKIE 『DL1608』特設ページ

http://www.mackie.com/jp/products/dl1608/

製品の詳細はこちら