HOME > PICK UP > BIAMP audiaFUSION

AudiaFLEXとハイパワーアンプが結合!

皆さんは今まで、Audia FLEXとハイパワーアンプを結合したらどうなるか想像されたことはありませんか。BIAMPは作りました。それがAudiaFUSIONです。A/VシステムとITの集約が珍しくなってきた近年、もはやネットワーク対応メディアシステムの能力は無視できません。AudiaFUSIONもネットワーク対応なので従来の中央集中型アプローチとは異なり、DSPプロセシングを必要な場所に設置することができます。

AudioFUSIONとは

AudiaFUSIONは80hに最大で2400W出力可能なネットワーク対応のパワーアンプです。AudiaFLEXとCobraNetで結合する事ができます。これまで同様Audiaのソフトウェアにて自由なシステムの設計に加え、さらに出力W数などのアンプ操作に至るまで自由にシステム設計が出来るようになりました。

AudiaFUSIONの特長

  • パワーは出力チャンネルごとにソフトウェアで設定可能(100〜600W/ch、最大2400/1台)
  • 不可は出力チャンネルごとにソフトウェアで設定可能(4Ω、8Ω、70V、100V)
  • TCP/IPネットワーク、RS232、daVinci、RED-1で制御可能
  • 温度、ショートサーキット、インピーダンス、アンプ故障、極端なクリップ、ファン停止などの異常監視機能
  • フォルトトレラントな2種類のフェイルオーバーモード(チャンネルフェイルオーバー、デバイスフェイルオーバー)
  • CobraNet対応のAudioシステムやNPS-1、他社製CobraNetデバイスとのシームレスな統合が可能
  • CobraNet対応(16IN、160OUT)でCobraNetのレイテンシーはソフトウェアで設定可能(5.33、2.66、1.33msec)

 

AudiaFUSIONとAudiaFLEXの違い

 

Audia FLESとFUSIONの違い

■ 入力と出力

AudiaFLEXとAudiaFUSIONのハードウェアで最大の違いは、使用可能な入出力オプションです。AudiaFUSIONは入力信号をCobraNet のみで受け、出力信号をアンプモジュールAM-600またはCobraNet を通して送り出します。さらにAudiaFUSIONのCobraNet ポートは、入力16chと出力16chに限定されています。現在AudiaFUSIONでは出力カードのアンプモジュールAM-600を用いて最大8chの出分が可能です。

 

■ 制御

RED-1、NPS-1によるリモート制御が可能です。RCBデバイスを接続できるAudiaFLEX とシームレスに統合することができます。

 

■ レイテンシー

AudiaFUSION にはAudiaFLEX 同等のプロセシングパワーがありますが、音声の処理方法がやや異なるためレイテンシーが短縮されました。一般的なシステムでは使っているDSPブロックの数やDSPリソースの消費率にかかわらず、AudiaFUSION のプロセシングレイテンシーは1.333mecです。

 

異常の監視

AudiaFUSION には、アンプ監視機能があります。アンプ、ケーブル、スピーカーに異常があれば、AudiaFUSIONが検出してAlarm(警告)またはWaring(注意)として報告するというものです。Warning とAlarm はどちらもAudia ソフトウェアのロジック出力にできるので、daVinci でモニターしたりRS232でコントロールシステムにレポートしたり、ロジックの標準的な使い方で表示させることもできます。一連の内部テストに加えて、Audia FUSION ではチャンネルごとに高度なインピーダンスモニターを設定することができます。選択した周波数バンド4 つで出力インピーダンスを監視し、ユーザー定義の範囲を外れるとWarning を報告します。

  • Input:8マイク/ライン
  • Output:8ライン
  • audia FLEXと同等のDSPを搭載
  • 自由設計型DSPプログラム
  • 単体使用モデル

AudiaFusion

価格:¥669,600(本体価格 ¥620,000 )

 

  • 100〜600Wで設定可能
  • 4Ω、8Ω、70V、100V対応

AM-600

価格:¥144,720(本体価格 ¥134,000 )

 

トップへ